暮らしの情報館
生活
働く
駐在員情報
電話帳
おでかけ情報
アミューズメント
鑑賞
スポーツ
観光・見所
トラベル
レストラン
ショッピング
便利情報
ガイド
オンラインストア


ホームカミング

ホームカミング。アメリカにいると何回か聞いたことがあるのではないかと思います。

学生、子供を学校に行かせている親御さんならこのホームカミングが何なのか知っているのではないでしょうか。

最近では日本でも文化祭をホームカミングと称してイベントを盛り上げるところが多くなってきましたね。

ホームカミングの歴史はアメリカだけではないようです。そしてその歴史も古く19世紀にまでさかのぼるとか。 一般には学校で行われる行事でその学校の卒業生と在校生の交流の場としてまた卒業生が母校を懐かしむイベントとして始まったものと言われています。

アメリカでも1900年代初頭から続いていて今では全米で行われているイベントのようです。

アメリカでは秋、 9 月の終わりから 10 月頃に行われることが多く、卒業生を歓迎するイベントとして学校側が主催し、フットボールなどのゲーム、パレード、ホームカミング キングやクイーンを決めるコンテスト、ホームカミングダンスなどが開催されます。

フットボールなどのスポーツはいわゆる招待試合ですね。卒業生も応援に駆けつけ、母校への想いをこめて応援します。 パレードは在校生のマーチングバンドや在校生の出し物だけではなく、卒業生も参加したりします。年に 1 回の同窓会としても楽しそうですね。

ホームカミング キング、クイーンコンテストやダンスは在校生向けです。 コンテストはシニア(最終学年)に限られることが多いようです。

上述のイベントはあくまでも基本的なもので、学校や地域でも変わってきます。

我が町は小さいので、高校のホームカミングは町あげての一大イベントとなっています。

卒業生や町のお店も参加してのパレードに始まり、夜はフットボールのゲーム。

町のレストランやバーは母校を激励するメッセージが掲げられ、人々がゲームの後も集い母校の卒業生達が夜遅くまで同窓会のように楽しく母校での思い出を語り合う。

母校を慕う心が卒業しても強いのはこのようなイベントがあるからなのかもしれませんね。

アメリカで学校を卒業していなくても近所の学校のホームカミングに参加してみてはいかがでしょうか。覗くだけでもその学校を盛り上げよう!と思うようになる不思議な力を持っていると思います。

 


文・写真/イチカワ

コラムトップページへ

会社概要 | 採用 | リンク | 広告掲載 | 著作権 | ヘルプ | お問合せ

本サイトの無断転載を禁じます。
© ODEKAKE.US. All rights reserved.
面接