Chicago
暮らしの情報館
生活
働く
駐在員情報
電話帳
おでかけ情報
アミューズメント
鑑賞
スポーツ
観光・見所
トラベル
レストラン
ショッピング
便利情報
ガイド
オンラインストア
病院の利用法

アメリカではホームドクターという制度が普及しており、病気になった時や怪我をした時に、まず最初に相談する医師のことを言います。これはアメリカの医療システムが専門分野化、細分化している為で日本の医療制度と異なるところです。

ホームドクターは外科、小児科、内科、産婦人科、精神科など幅広い教育を受け、知識がありますから、まずはホームドクターに病状などを説明し診断してもらう事が良いでしょう。必要があればホームドクターが各専門科の医師や病院を紹介してくれるので安心です。

したがってまず第一段階として自分にあったホームドクターを選ぶ事から始めましょう。

自分にあったドクターを選ぶポイント

自宅、仕事先からの距離が近い事。
医師が多くの専門医とコンタクトがあるか、信頼度の高い病院と関連しているか。
24時間体制で連絡が取れるなど緊急時の対応がスムーズか。
語学に自信があっても医療関係は専門語も多く日本語が通じるか、
通訳を通して診療を受けられるのかなども重要な要因。
最も重要な点として医師の質の問題。
これはなかなか難しい所ですが医師や人の紹介が一番安心出来るでしょう。
そのエリアの評判なども聞くのが大事です。
米国ボード認定試験に合格した認定医師かどうかも確認すると尚安心です。
もう一つ大切な事は保険が利用出来るか。
アメリカは日本と比べて医療費が非常に高いケースが多いので、診療を受ける前に保険が利用出来るか、
どこまでカバー出来るか、何%が自己負担になるのか等を確認しておく必要があります。
日本人の場合海外障害保険なども検討材料の一つになります。

詳しくは各病院・医院の受付または保険会社への確認してください。

緊急番号911

 日本語の通じる病院ガイド
 日本語の通じる病院デイレクトリー
 
病院・医院  歯医者  目医者  カイロプラクティック  セラピー
 日本語の通じる保険会社
 アメリカの医療事情について
 アメリカの医療保険・福利厚生制度について

会社概要 | 採用 | リンク | 広告掲載 | 著作権 | ヘルプ | お問合せ

本サイトの無断転載を禁じます。
© ODEKAKE.US. All rights reserved.