日本食料品店から
レストラン、ショッピング
まで簡単サーチ!
 
 
シカゴの気候
シカゴの治安
アメリカの祝日
年間イベント
 
  銀行利用法  
  病院利用法  
  公共交通機関の利用法  
公衆電話のかけ方  
 
 
赴任前の準備、
引越についてなど
気になる疑問を
一挙解決!
 






シカゴを楽しむ見所は色々ある。ダウンタウン散策、建築物見学、音楽鑑賞、ミュージアム巡り、スポーツ観戦となる。


建築ギャラリー

シカゴは街そのものが建築物のギャラリーと言えるほど面白い。 
高層建築でも有名でシアーズタワー(SEARS TOWER)やジョンハンコックセンター(JOHN HANCOCK CENTER) に登ってシカゴの街を見下ろすのも楽しい。 昼間は両方共それぞれ美しい碁盤の目のようなシカゴの街が見ることが出来る。 展望台は有料となるが、ジョンハンコック.センターの95階には高級レストランがあり、96階にはラウンジがあるのでお酒を飲みながら夜景を楽しむ事が出来る。 
シカゴ建築物財団の催行する建築ツアーに参加するも良い。 バスで回るツアー、近代建築を見るツアー、古い高層建築を見るツアー、ボートで湖や川から建築を鑑賞するツアーなど色々とある。

シカゴ建築財団 224 S. MICHIGAN AVE. CHICAGO
TEL: 312-922-3432
www.aechitecrure.org

音楽鑑賞

シカゴは音楽の街でもある。 特にブルース、ジャズに関してはライブハウスも多く、ブルースフェスティバルやジャズフェスティバル等も夏から秋にかけてグラントパークで開催される。 
夏場北の郊外にあるラビニア・フェスティバルでは全米NO1の実力を誇るシカゴ交響楽団の素晴らしいオーケストラもリーズナブルな価格で堪能出来る。
シカゴは別名ホーム・オブ・ブルースと呼ばれる程。 南部のミシシッピー州で生まれたブルースは第一次世界大戦後北部の工業都市へと移住した人たちと共にシカゴへ移り、シカゴ・ブルースのスタイルを築いた。 現在はジャンルに捕らわれる事なく多くのミュージシャン達や音楽好きの人々が世界各地からブルースを聞きにシカゴに集まる程。 
ただ、シカゴのライブハウスはダウンタウン(ループを中心としたシカゴリバーからコングレス・パークウェイ付近までのエリアとラッシュストリート付近、オールドタウン)に集中している。 決して治安の良い場所だけにあるものではないので、必ずタクシーで行くか、車で行った場合も近くの駐車場に止めるなどいくつかの注意が必要。 また、アルコールを置いている店が多いのでIDは必携。
入口で入場料($5〜$15程のカバーチャージ)をとる店が多く、1ドリンクチャージだったり、有名な演奏者の場合前売券を発売する場合もあるので事前にチェックが必要。
シカゴのライブハウス
シカゴ交響楽団   www.cso.org
ラビニア・ミュージックフェスティバル詳細へ
グラント・パークミュージックフェスティバル詳細へ

 

NEXT PAGE


 

| ホーム | レストラン | ゴルフ | デトロイト版 | 広告掲載 | 問合せ |


本サイトの無断転載を禁じます。
©2003 ODEKAKE.US. All rights reserved.